×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

ハーブ検定

2級の概要

基本的に、自分でHerbを楽しみ、健康維持のための知識が問われる、ハーブの資格です。

合格の為には、ハーブ検定2級公式テキスト、問題集で取り扱う内容とともに、ハーブティーの味、香りを把握しておくことも必要で、日頃から、フレッシュやドライのHerbに触れておくと良いでしょう。

ハーブの資格2級 【出題範囲】
◆ Herbの定義
◆ ハーブテイーの利用法
◆ ベーシックハーブ10種類
◆ Herbの栽培法

【出題形式】
◆ 選択式と記述式
(試飲を含む実技あり)

【試験時間】
◆ 60分

1級の概要

家族や友人など、自分以外の人と共にHerbを楽しみ、健康維持に役立てる知識が問われます。

2級同様、ハーブティーの味、香りに精通している必要があります。2級で問われる範囲の定義、栽培法を含め、取り扱うHerbは20種類になります。 2級を取得してから、時間が経っている方はよく復習しておいた方が良いでしょう。

ハーブの資格1級 【出題範囲】
2級検定試験内容に加え、以下の事柄を理解していること。
◆ Herbの歴史
◆ ハーブテイーのブレンド
◆ Herbと環境
◆ 茶などのし好飲料とブレンド
◆ 2級検定に該当するベーシックハーブのほか10種類


【出題形式】
◆ 選択式と記述式  (試飲を含む実技あり)

【試験時間】
◆ 60分










ハーブの資格